何でも食べるシロアリ

明治以降生まれたシロアリ駆除の方法

一般的にシロアリと言えば、木材を食べる害虫として知られています。木造のアパートに棲みついた場合、壁や床だけでなく建築基盤を食い荒らしてしまう恐れがあります。 一方、シロアリは木材以外の素材も食べ荒らす事があります。レンガやプラスチック、発泡スチロールさえ食べてしまう事があるのです。人間の生活環境にあるものは、その大半が被害にあうと言っても過言ではありません。 シロアリ駆除の歴史は明治30年頃から始まったと言われています。それまでもシロアリ被害は存在していましたが、実際的な駆除方法が考案され始めたのは明治以降の事なのです。 これより古い時代では、各ご家庭でシロアリ対策に灯油が用いられたりしていました。灯油はシロアリ退治には利用できますが、積極的な予防には効果がありません。

これから人気を獲得する駆除方法

住宅で暮らす上で最も気を付けたい事と言えば、周辺住人との関係性です。騒音や臭いなど、出来るだけ周囲に迷惑をかけないようにしたいものです。 近年、シロアリ退治を業者に依頼した場合、周辺住人に迷惑をかけないような駆除方法を実行してくれる場所がありますので、そのような業者に駆除を依頼するようにしましょう。薬剤を幅広く散布する方法以外で駆除してもらう事ができるのです。 これからの時代は、できるだけ煙や臭いのない駆除方法が支持される事は間違いありません。近隣住人だけではなく、こうした駆除方法を使用した方が、住人にとっても安心なのです。 個人的にシロアリに対処する上でも、最近は毒餌が人気を博しています。このような薬剤は設置するだけでシロアリを駆除する事が可能です。